風俗で働くというのは | 吉祥寺でバイトを探す男子たちへ!夜の仕事はいかがですか?
menu

風俗で働くというのは

格好をつけている男性

風俗店というのは実力主義の社会です。
自分のハングリー精神をいかに上手く発揮できるかということで、上からの評価というのは変わるものです。
基本的に風俗店のバイトや正社員というのは学歴や経験を問いません。
吉祥寺ともなれば尚更です。
直接その人の中身を見るために研修を行い、研修中にいい人材であると判断されたら、日当は格段に上がります。

最初は8000円程度であることが多いのですが、研修を終えると10000円になったり12000円になったりということはザラにあります。
風俗店のバイトで必要なことは勉強が出来るかや以前までの肩書ではなく、どれほど頭が切れるかやしっかりと状況に合わせた対応ができるかということなのです。

風俗店の男性スタッフというのはいうなれば接客業のようなものです。
そのためにお客さんや店の女の子たちには笑顔で対応しなければいけません。
その中でも特に女の子に対する対応には気をつけた方が良いかもしれません。
女の子を「女の子」として見ているうちは風俗店のバイトは厳しいものかもしれません。
仕事柄女の子の下着姿を見ることは多いでしょう。
しかし、その度に欲情したり女の子に連絡先を聞いたりしているとキリがありませんしそもそも首を切られてしまいます。
だからこそ自分の芯をしっかりと持っていなけれいけないということを忘れてはいけません。